超低ノイズアンプ 【SALE/77%OFF】 1個広帯域0.01-4GHZ LNA低ノイズアンプモジュールボード 楽ギフ_のし宛書 21DB

超低ノイズアンプ、1個広帯域0.01-4GHZ 21DB LNA低ノイズアンプモジュールボード

1395円 超低ノイズアンプ、1個広帯域0.01-4GHZ 21DB LNA低ノイズアンプモジュールボード 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 半導体製品 信号部品 アンプIC /brand/detail/bonum,1395円,LNA低ノイズアンプモジュールボード,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 半導体製品 , 信号部品 , アンプIC,www.supermoversalbuquerque.com,超低ノイズアンプ、1個広帯域0.01-4GHZ,21DB /brand/detail/bonum,1395円,LNA低ノイズアンプモジュールボード,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 半導体製品 , 信号部品 , アンプIC,www.supermoversalbuquerque.com,超低ノイズアンプ、1個広帯域0.01-4GHZ,21DB 超低ノイズアンプ 1個広帯域0.01-4GHZ LNA低ノイズアンプモジュールボード 【楽ギフ_のし宛書】 21DB 超低ノイズアンプ 1個広帯域0.01-4GHZ LNA低ノイズアンプモジュールボード 【楽ギフ_のし宛書】 21DB 1395円 超低ノイズアンプ、1個広帯域0.01-4GHZ 21DB LNA低ノイズアンプモジュールボード 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 半導体製品 信号部品 アンプIC

1395円

超低ノイズアンプ、1個広帯域0.01-4GHZ 21DB LNA低ノイズアンプモジュールボード

特徴:
両面は浸漬金属のプロセスを採用し、プリント回路の表面が色、明るさ、滑らかなコーティングで安定し、溶接性が良好です。 超帯域幅、高い信頼性、腐食および脱落しにくい。 電源電圧:DC3-5.5V(標準+ 5V)、(標準電流値125mA)。 ゲイン:21dB@1.9Gの標準値(異なる周波数ゲインはわずかに異なります)。入出力インピーダンス:50Ω 最大出力電力:P1dB + 22dBm(typ)、+ 39.5 dBm出力IP3。
仕様:
帯域幅:0.01-4GHZ
ノイズ係数:1.3dB
サイズ:約。 7 * 4.5 * 1.3cm/2.8 * 1.8 * 0.5インチ
重量:41g

パッケージに含まれるもの:
1 x RF低ノイズアンプ

超低ノイズアンプ、1個広帯域0.01-4GHZ 21DB LNA低ノイズアンプモジュールボード

インド料理を食べたり、食べたり、作ったり、食べたり。たまーにインドに行ったり。

今回のインド旅行で口にした、その他いろいろです。

ムンバイで飲んだチャーイ屋
キャラクターが目立ちます


コルカタで飲んだチャーイ
宿に近かったので何度かよりました


コルカタの別の屋台
コルカタは素焼カップを使っているお店が多いようです


LCCの機内サンドウィッチ
隣席の人がくれちゃいました
美味しくないです



ミスティ ドイとシュリカンド
ミスティ ドイは安定の美味しさ
シュリカンドはいまひとつでした



はじめて見ました、味わいました。
確かにマンゴー味。美味しかったです。



たぶんインド限定味
これも各国の限定味があって面白いですね



チョコ

いままでチョコは輸入品ばかりかと思っていましたが、インドメーカーのものもあったのですね。はじめて知りました。



歯磨き粉(飲食ではないけど)

インドではこの歯磨き粉を気に入ってます
よくあるスパイシーな味がベースですが、はちみつ味がプラスされているのがポイントです。
インディラ・ガンディー国際空港T3International Departures

今回のインド旅行もおしまいです。
最後は空港のラウンジで出発を待ちながら料理をいただきました。
レッド マスール ダール タルカ、シャヒ パニール、ベジ フライド ライス、チキン ティッカ、ホット バジル チキン、アジアン ベジタブル ジンジャー チリ ソース、ローティー、ムーング ダール バルフィー

あまり美味しくないです。
先入観でそう思っちゃうのかもしれないけど、こーいったタイプの料理はあまり美味しくないと感じます。町なかで食べた料理のほうが自分の好みに合っているような気がしました。

ただ菓子類はどこで食べても美味しさはだいたい同じですね美味しいです。

 Rasbhari ラスマライ
Zakir Nagar Main Rd, Mehboob Nagar, Jogabai Extension, Zakir Nagar, Okhla, New Delhi


今回は毎回行くオールドデリーのお店ではなく、別のニハーリーを食べてみることにしました。
すごく賑わってて、その活気・勢いに入店をたじろぎそうになっちゃいました。


何だか分かりませんが、いろいろ美味しそう



肉肉肉!



ローティーづくり


ここら辺は英語が通じない率が高いようで、注文とりに来た店員さんも英語は通じなかったです。
「ニハーリー、ローティー」を注文したのですが、その後いろいろヒンディーで質問されて、チンプンカンプンでした。 


意思が伝わったのか不安でしたが、ちゃんと頼んだものがきました。
「ニハーリーはスープ」 って思う場合もあるけど、ここのは全くそう思わない粘度がかなり高いタイプ。ニハーリーっていろいろありますね。
肉が柔らかくて美味しいです。


↑このページのトップヘ